Welcome

カウンター

2016年
7月開設
5月
     
下野久雄作品 西村俊明作品 山村 保作品




 一写くらぶ & キャッツアイクラブ」のご紹介
金沢西部に位置する公民館活動のカルチャー教室の一環として、12年前に立ち上げた写真教室です。一写くらぶでは月2回の教室と、2ヶ月に1回の撮影会、3年に1回の海外撮影会を開催しています。教室の前半は、会員全員がパソコン持ち込みによるレタッチ技術の習得と、課題成果発表、後半は全員による作品互選と、内部講師による審査講評で、レベルアップを図っています。又、キャッツアイクラブでは、より専門性の高いレタッチ技術を駆使し、B0サイズがプリント出来る大型プリンターの導入での作品作りに挑戦しています。これまでも金沢21世紀美術館での「作品展」開催も行っております。現在、会員数は30名弱です。一昨年、創立10周年を迎え、記念事業の一環としてホームページの開設となりました。毎月、3名の会員作品を全世界に向けて公開しています。併せて「記念誌」も毎年一回発刊しています。地元テレビ・新聞等にも話題沸騰の人気「くらぶ&クラブ」です。
 一写くらぶ & キャッツアイクラブ創立12周年目 2006年3月設立

   真に対して深くい巡らし 写友をつくり
   i
= 愛情ある温かなグループづくりを目指す


















❖月2回の教室開催。プロジェクターを使って作品作りのノウハウ講義をしています。各自がステップアップの為の成果発表を行い、今では県内の写真コンテストでは上位に食い込むレベルに到達して来ました。年一回金沢21世紀美術館で、両クラブとの合同展を開催して多くのギャラリーの方々に足を運んで頂いています。

❖年間6回の国内撮影会、3年に一回の海外撮影会を実施しています。一例としてこれまでも北海道冬季9日間、夏季8日間、東北、中国地方、北信越と、海外はマルタ共和国9日間、インドネシア・バリ島5日間、台湾5日間と、精力的撮影活動をしています。会員自ら「撮影企画」をし小単位での「撮影会」も開催しています。













❖平均年齢81歳のキャッツアイクラブメンバー7名で大型プリンターを導入、パソコンを自在に操作し、大判作品制作に意欲を燃やしています。一写くらぶ会員の要望も全て受けてプリントをしています。サイズは畳一畳の「BOサイズ」をはじめ、「AO/AOノビ」、「和紙」、「障子紙」等豊富な種類を手掛けています。

❖障子戸に「写真印刷」し、「和風」、「洋風」タイプの作品を手掛けています。これらは金沢21世紀美術館でも展示披露し、来場者の強い関心を惹きつけています。日本家屋の「洋式化」に伴い、「障子戸」や「襖」等の日本文化が消えようとしている中、これから新しい試みとして挑戦して行きたいと思っています。これまでにNHK番組や、地元紙にも大々的に取り上げられました。

 2018年 5  このページは 下野久雄会員 の作品です。
 インド車窓風景‼

1ページ目は「インドの車窓風景」‼
2ページは‼ 「春色・いろ」
3ページは「特選・雲模様」
各ページに夫々のシーンの音楽が流れています。


20143月 待望のお釈迦様の聖地巡りが実現 道中のインド北部地方の大地 広大でゆったりした農村地域の生活風景に魅せられ 車窓より夢中でシャッターを切り続けました。乾季で埃が舞う 決して快適ではない移動時間でしたが 網膜に次々と舞い込んで来る人々の生き様は 全てが新鮮で心浮き浮きでした。牛糞を燃料とし 牛を宝として 牛と共に生きる日暮し 私の昭和の生活が想起される感慨深い旅でした。熱砂の国の暮らしの一端 ご笑覧頂ければ幸甚です。お釈迦様の聖地のことは ご縁がありましたら次回に

  1年中暑いと思われがちなインドですが、この国の面積は世界第7位。
日本の国土の9倍もある広大なインドは、気候もとても多彩です。

↑  道行くお洒落なお嬢さん‼
サリーを身にまとうのは、日差しを遮り涼しく過ごす、生活の知恵です。


↑  お兄ちゃん達の屈託のない明るい笑顔はこの国の未来です


↑ インドの女性たちは、現在も多くがサリーなど
肌を覆い隠すような民族衣装を着ています。
楽しい会話が弾みます。


↑  インドで最も信仰者の多いヒンズー教では、牛は三大神のひとりである
シヴァ神の乗り物であり、殺生は厳禁とされています。


↑  牛追いの児。牛と水牛はよく似ているが、動物分類学上は厳密には異なり、
宗教上の制約がない"ため、水牛なら食べられます。


↑  牛糞をわらと混ぜて丸くしたものを家の壁に貼り付けて乾燥させている
光景をよく目にする。1週間ほどしてそれがカラカラに乾くと、
料理などの煮炊きに使う燃料となります。

 
↑  食後のくつろぎ

  
↑  最大積載人数の決まりはないのか、お父さんが運転する
バイクに子ども2人とお母さんの家族全員で乗っている姿や、
1台の車に大人9人で乗っている車まで走っています。  

  
↑   朝げの支度です。 


↑  東京と比べると、インド各都市では最高気温、平均気温、
最低気温において東京よりも気温が非常に高い。


当頁巻頭へ     

----- Lust Update 2018.05.01 -----1日
inserted by FC2 system