Welcome

カウンター

2016年
7月開設
6月
     
三國 勲 作品 松本幸美 作品 山本光造 作品




 一写くらぶ & キャッツアイクラブ」のご紹介
金沢西部に位置する公民館活動のカルチャー教室の一環として、12年前に立ち上げた写真教室です。一写くらぶでは月2回の教室と、2ヶ月に1回の撮影会、3年に1回の海外撮影会を開催しています。教室の前半は、会員全員がパソコン持ち込みによるレタッチ技術の習得と、課題成果発表、後半は全員による作品互選と、内部講師による審査講評で、レベルアップを図っています。又、キャッツアイクラブでは、より専門性の高いレタッチ技術を駆使し、B0サイズがプリント出来る大型プリンターの導入での作品作りに挑戦しています。これまでも金沢21世紀美術館での「作品展」開催も行っております。現在、会員数は30名弱です。一昨年、創立10周年を迎え、記念事業の一環としてホームページの開設となりました。毎月、3名の会員作品を全世界に向けて公開しています。併せて「記念誌」も毎年一回発刊しています。地元テレビ・新聞等にも話題沸騰の人気「くらぶ&クラブ」です。
 一写くらぶ & キャッツアイクラブ創立12周年目 2006年3月設立

   真に対して深くい巡らし 写友をつくり
   i
= 愛情ある温かなグループづくりを目指す


















❖月2回の教室開催。プロジェクターを使って作品作りのノウハウ講義をしています。各自がステップアップの為の成果発表を行い、今では県内の写真コンテストでは上位に食い込むレベルに到達して来ました。年一回金沢21世紀美術館で、両クラブとの合同展を開催して多くのギャラリーの方々に足を運んで頂いています。

❖年間6回の国内撮影会、3年に一回の海外撮影会を実施しています。一例としてこれまでも北海道冬季9日間、夏季8日間、東北、中国地方、北信越と、海外はマルタ共和国9日間、インドネシア・バリ島5日間、台湾5日間と、精力的撮影活動をしています。会員自ら「撮影企画」をし小単位での「撮影会」も開催しています。













❖平均年齢81歳のキャッツアイクラブメンバー7名で大型プリンターを導入、パソコンを自在に操作し、大判作品制作に意欲を燃やしています。一写くらぶ会員の要望も全て受けてプリントをしています。サイズは畳一畳の「BOサイズ」をはじめ、「AO/AOノビ」、「和紙」、「障子紙」等豊富な種類を手掛けています。

❖障子戸に「写真印刷」し、「和風」、「洋風」タイプの作品を手掛けています。これらは金沢21世紀美術館でも展示披露し、来場者の強い関心を惹きつけています。日本家屋の「洋式化」に伴い、「障子戸」や「襖」等の日本文化が消えようとしている中、これから新しい試みとして挑戦して行きたいと思っています。これまでにNHK番組や、地元紙にも大々的に取り上げられました。

 2018年 6  このページは 三國 勲会員 の作品です。
 富山さくら名所を訪ねて

1ページ目は「富山の桜の名所巡り」‼
2ページは‼ 「憧れのハワイ」
3ページは「ブナの新緑・大厳寺高原」

各ページに夫々シーンのメロディが流れています。


❖富山県のさくらの特徴は3月中旬に開花する、キンキマメザクラを初めに、7月下旬にタカネザクラが咲き終わるまで、4カ月にわたって、日本一長いサクラの開花リレーが楽しめると言われている






  松川べり(松川公園・磯部堤・城址公園)は、富山市中心部に位置する桜の名所です。
お花見シーズンには、たくさんの人で昼夜を問わず賑わいます。

↑  富山市松川べりで、川面を覆うように咲くソメイヨシノ。


↑  桜橋で市民が足を止め、満開の桜を眺めている


↑ 連日の陽気で満開となった松川べりの桜。


↑  青空の下、富岩運河環水公園で満開の桜を眺める夫婦。


↑  立山連峰が陽光を浴びて白く映え、
淡いピンク色の桜とコントラストを描く環水公園。


↑ 「日本桜名所100選」に選ばれた高岡古城公園の桜。

 
↑  古城公園の水濠(堀)を彩るサクラ

  
↑  残雪の北アルプスを背景に並木の桜と、畑一面にチューリップが咲く朝日町舟川べり。  

  
↑  朝日町では来訪者をバスに乗せサクラを楽しませている。 

 
↑  舟川べりの桜。

当頁巻頭へ     

----- Lust Update 2018.06.01 -----1日
inserted by FC2 system