Welcome

カウンター

2016年
7月開設
7月
     
架間千鶴子 作品 川向敏夫 作品 杉山 隆 作品


 一写くらぶ & キャッツアイクラブ」のご紹介
金沢西部に位置する公民館活動のカルチャー教室の一環として、11年前に立ち上げた写真教室です。一写くらぶでは月2回の教室と、2ヶ月に1回の撮影会、3年に1回の海外撮影会を開催しています。教室の前半は、会員全員がパソコン持ち込みによるレタッチ技術の習得と、課題成果発表、後半は全員による作品互選と、内部講師による審査講評で、レベルアップを図っています。又、キャッツアイクラブでは、より専門性の高いレタッチ技術を駆使し、B0サイズがプリント出来る大型プリンターの導入での作品作りに挑戦しています。これまでも金沢21世紀美術館での「作品展」開催も行っております。現在、会員数は30名弱です。昨年、創立10周年を迎え、記念事業の一環としてホームページの開設となりました。毎月、3名の会員作品を公開致します。
 一写くらぶ & キャッツアイクラブ創立11 周年目 2006年3月設立


   真に対して深くい巡らし 写友をつくり
   i
= 愛情ある温かなグループづくりを目指す




















❖月2回6時間の教室開催。プロジェクターを使って作品作りのノウハウ講義をしています。各自がステップアップの為の成果発表を行い、今では県内の写真コンテストでは上位に食い込むレベルに到達して来ました。年一回金沢21世紀美術館で、両クラブとの合同展を開催して多くのギャラリーの方々に足を運んで頂いています。

❖年間6回の国内撮影会、3年に一回の海外撮影会を実施しています。一例としてこれまでも北海道冬季9日間、夏季8日間、東北、中国地方、北信越と、海外はマルタ共和国9日間、インドネシア・バリ島5日間等精力的撮影活動をしています。この1月末より、十日間再び厳冬の北海道撮影会が始まります。














❖平均年齢80歳のキャッツアイクラブメンバー7名で大型プリンターを導入、パソコンを自在に操作し、大判作品制作に意欲を燃やしています。一写くらぶ会員の要望も全て受けてプリントをしています。サイズは畳一畳の「BOサイズ」をはじめ、「AO/AOノビ」、「和紙」等豊富な種類を手掛けています。

❖障子戸に「写真印刷」し、「和風」、「洋風」タイプの作品を手掛けています。これらは金沢21世紀美術館でも展示披露し、来場者の強い関心を惹きつけています。日本家屋の「洋式化」に伴い、「障子戸」や「襖」等の日本文化が消えようとしている中、これから新しい試みとして挑戦して行きたいと思っています。これまでにNHK番組や、地元紙にも大々的に取り上げられました。

 2017年 7  このページは 架間千鶴子 の作品です
「ロールオーバー方式」を廃止し、タブレット端末愛読者にも対応する事になりました。

ミャンマーにもアロハオエのメロディが流れています。
昨年 機会に恵まれミャンマーに旅立ちました。ミャンマーは東南アジアにある共和制国家です。(旧国名はビルマ)大都市ヤンゴンに到着後、バガン遺跡、古都マンダレー、インレー湖、カックー遺跡等々 廻りました。仏教信仰は篤く、人々の穏やかさ、素朴さに触れながら撮影する事が出来ました。10枚の極一部の写真ですが、人々の生活の何らかを感じて頂ければ幸いです。何度でも訪れたくなる魅力的な国でした。  =千鶴子 記=

      麗しの国「ミャンマー」を訪ねて‼     


  国内最大級のこの僧院では、全国から集まった
僧侶が修行生活を送っている。朝食の準備風景です。


↑ 朝食の後片付けをしている少年僧。


↑   仏教が日常に息づくミャンマーでは、
数多くある寺院は生活の中心、心の支えの場所です。



↑  インダー族の漁師。細長い小舟の先端に片足で立ち、
もう一方の足で櫂を操る独特の漁方が珍しい。


↑  インレー湖には多くの浮島があり、水上に棲む。
インダー族の生活風景や素朴な水上マーケットが見られる。



↑  農村の一風景。牛も大切な働き手です。

 
↑  顔に「タナカ」と呼ばれる白い化粧をする親子。
日焼止めの効果もある。

    
  ↑   市場では狭い通路の両側に様々な食材や
生活用品が所狭しと売られている。


  売り手の大半が女性で、身に着けている服もカラフルで楽しい。


↑  蓮の繊維を紡ぐ女性。軽くてシャリ感のある高級織物になる。

当頁巻頭へ     

----- Lust Update 2017.07.01 -----1日
inserted by FC2 system