Welcome

カウンター

2016年
7月開設
4月
     
北本修 作品 岡村守俱 作品 上田博堅 作品


 一写くらぶ & キャッツアイクラブ創立11年目  2006年3月設立

 真に対して深くい巡らし 写友をつくり
   
i = 愛情ある温かなグループづくりを目指す















 一写くらぶ海外撮影会

 2011年3月 
参加者 16名

 2014年4月 
参加者 12名
 ご意見下さい
HP 感想
ご意見
お寄せ
下さい

Click


 2017年 4 月  このページは上田博堅 会員 の作品です
冬の情景が作品と共に流れて行きます。

「冬だから行きたかった‼」

一度は行きたかった厳寒の地、マイナス25度の北海道へ‼「一写くらぶ撮影会」 (2017-01/31~02/08迄の9日間もの長期間)、この歳で(83歳)行くなんて「死を覚悟して行かんなんよ‼」と家族や、周囲から言われました。 かなり思案しましたが決断し、お世話頂いた皆様の支えにより「感動の思い出」を沢山カメラに収める事が出来ました。その中の「美瑛の丘」と、「美瑛白金地区の青池」をマイページに載せました。


↑ 第一日目、美瑛の丘は快晴‼「クリスマスツリーの木」で心もウキウキの一枚。


↑  富良野岳を背景に、雪原に埋まる
「赤い屋根」の家も雪で目立たなかった。



↑  束の間に止んだ雪、太陽が怪雲を避けて光芒を降らす。
大自然のドラマに感動した一枚です。



↑  マイルドセブンの丘はシーンと静まり返っていた 。


↑ 夏は訪れた事はあるが、真冬の「三愛の丘」は又、格別です。


↑ 全てが初めて見る光景ばかり、日中だが夕暮れ時のような「親子の木」。


↑ 幻想的に見えた「セブンスターの木」


↑ 大雪原に威厳を放つ「セブンスターの木」を逆光で撮影する。


↑ ライトアップされた青池の空は猛吹雪‼ 感動の一枚です。


↑ 手も足も凍えて痛い厳寒の中で、必死にシャツタを切った「青池」。


    当頁巻頭へ 

----- Lust Update 2017.04.01-----

ご鑑賞頂き有難うございました。次号をお楽しみに‼

inserted by FC2 system